VQの計算方法

VQの計算方法



今回は、VQの中身のお話です^^

VQって何?ってゆう方は
http://samuraifx.seesaa.net/article/102860052.html
↑の記事を読んでみてください^^;


VQの値は、次の計算式で割り出しています。
(説明のため形を変えてます。このままではうごきません^^;)

MH = iMA(NULL,0,Length,0,Method,PRICE_HIGH,0);
ML = iMA(NULL,0,Length,0,Method,PRICE_LOW,0);
MO = iMA(NULL,0,Length,0,Method,PRICE_OPEN,0);
MC = iMA(NULL,0,Length,0,Method,PRICE_CLOSE,0);
MCS = iMA(NULL,0,Length,0,Method,PRICE_CLOSE,Smoothing);

VQ0 = MathAbs(((MC - MCS) / MathMax(MH - ML,MathMax(MH - MCS,MCS - ML)) + (MC - MO) / (MH - ML)) * 0.5) * ((MC - MCS + (MC - MO)) * 0.5);

SumVQ= Close[1] + VQ0;
if (Filter > 0 && MathAbs(VQ0) < Filter * Point)
SumVQ = SumVQ1;

↑この【SumVQ】というのが、VQの値です。
(注意:チャートの通貨ペア・時間足、現在変動中のバーの値)


では上の方から見ていきましょうか!

MH = iMA(NULL,0,Length,0,Method,PRICE_HIGH,0);
ML = iMA(NULL,0,Length,0,Method,PRICE_LOW,0);
MO = iMA(NULL,0,Length,0,Method,PRICE_OPEN,0);
MC = iMA(NULL,0,Length,0,Method,PRICE_CLOSE,0);
MCS = iMA(NULL,0,Length,0,Method,PRICE_CLOSE,Smoothing);

VQのパラメータである、Length,Method,Smoothingはここで使われます。

それぞれ、高値、安値、始値、終値、Smoothing本前までの終値
の移動平均ですね。
ちなみに、
Lengthは平均する期間
Methodは平均の方法(4種類)
MODE_SMA 0 単純移動平均
MODE_EMA 1 指数平滑平均
MODE_SMMA 2 平滑平均
MODE_LWMA 3 加重平均
です。


VQ0 = MathAbs(((MC - MCS) / MathMax(MH - ML,MathMax(MH - MCS,MCS - ML)) + (MC - MO) / (MH - ML)) * 0.5) * ((MC - MCS + (MC - MO)) * 0.5);

さっき計算した移動平均をつかって計算します。
ここで出てくる
MathAbs はカッコ内の絶対値
MathMax は、コンマの左右でおっきい方
といった意味です。

ごちゃごちゃしてるので、紙に書いて確認してみてください^^;

MH - ML
MH - MCS
MCS - ML
の内、最大のもので
MC - MCS
を割ったものと、
MH - ML

MC - MO
を割ったものを
足して0.5をかけたものと、
MC - MCS

MC - MO
を足して0.5をかけたものを
かけた値

となるでしょうか^^;


最後に
SumVQ= Close[1] + VQ0;
if (Filter > 0 && MathAbs(VQ0) < Filter * Point)
SumVQ = SumVQ1;

VQのパラメータである、Filterはここで使われます。

一旦、SumVQ に前のバーの終値に VQ0 を足したものを代入して、
もし、Filterが0より大きくて、VQ0の絶対値がFilterピプスよりちいさかったら、
SumVQ は SumVQ1(前のバーのSumVQ)を代入。

といった感じです。

SumVQ= Close[1] + VQ0
となって、値に変化があったときにシグナルを出すのですが、
今までと同じ方向への変化はシグナルを出さないようにしてありますので、売り買い交互のシグナルになる感じです。


基本部分はこんな感じですね^^;

でわ、このへんで。

タグ

2008年11月 8日|コメント (3)

カテゴリー:EAの作成方法

コメント (3)

すごくお久しぶりです!
こんばんわ。

やっと自分の時間が作れるようになって、またMetaTraderを触っています。
自分も最近(というか今更w)VQに興味を持ち、時間足を複数利用してその条件にあったシグナルで売買するというようなEAをiCustomを使用して作ったのですが、どうも売買しないときがあるので、EA内にVQのシステムを組み込もうと勉強していたところでした。

相変わらず理解力がないところに、慶次さんがVQの記事を書いてらしたので、またお邪魔してしまいました^^

参考にさせていただきますね。
では、また寄らせていただきます。

投稿者:えぎ |2008年11月18日 18:12

えぎさん

お久しぶりです!!

私も、VQを使ったEAを稼動してますが、
なんだか安心感がありますよね!

勉強がんばりましょうね^^

投稿者:慶次 |2008年11月18日 18:47

初めまして。
突然のご連絡で申し訳ありません。
いつも楽しみにHP見させて頂いてます。

このたびFXブログランキングサイトを開設いたしました。

現在、まぐまぐで発行されている投資ジャンル
(主にFX関係)のメルマガ十数誌と連動すべく
準備を進めております。

今後、アクセス集客のお手伝いが出来るかと思って
おります。

これからFX投資に関心のある方々に喜ばれるよう
頑張って良いサイトにしていこうと思っております。

今回、ご登録頂いた方に、全員に

「FXブログアクセスアップの必勝法」レポートを
ご提供させて頂きます。

当ランキングサイトと平行して、このレポートを元に
アクセスアップをはかって頂ければ、効果が高いと
思います。

宜しければご登録を頂ければと思っております。

何卒宜しくお願いします。

※「FXブログアクセスアップの必勝法」は登録者の方に
個々にメールにてダウンロード先を御知らせさせて頂きます。

======================================================
【FXランキング】FXのブログランキングサイト
FX必勝法No.1ブログランキング 事務局
URL:http://www.fxranking.biz/
MAIL:support@fxranking.biz
======================================================

投稿者:FXランキングサイト |2009年1月30日 16:23

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)






画像の中に見える文字を入力してください。

Captchaの認証で入力ミスがありますと、コメントが消えてしまいますのでご注意ください。
コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。