PipMakerを改造

PipMakerを改造


今回は、PipMakerを改造したもののバックテストをアップしたいと思います。

改造した点

トレンド方向へ動いた時の無駄を無くす等、細かなところを効率化しました。
(トレイリングなど)

常にポジションを持っているのではなく、出来るだけ損切りをしなくてすむような状況を狙い撃ちして、ポジションをとるようにしました。
(フィルタをつけました)


パラメータは同じで、最少ロットでテストしました。

→EURUSDのテスト結果

→USDJPYのテスト結果


まだまだ、良くなりそうですね!
もう少し、研究を続けたいと思います!

また、PMsimpleのパラメータを説明しますね。
MaxLotSize 最大ロット数
LotSize 最少ロット数
Lotincrement 増加ロット数
ProfitTarget 目標利益
TrendProfitTarget トレンド方向の目標利益
Spacing 買い増し売り増しするときの必要ピプス
TrendSpacing トレンド方向のSpacing
TrendTimeFrame 移動平均の使用時間足
TrendPeriods 移動平均の計算期間

といった感じです。
PipMakerV9-1には、ポジションサイジングなどのパラメータがありますがややこしくなってしまいますので、
無くしました^^;


でわこのへんで。

タグ

2008年4月 7日|コメント (15)

カテゴリー:MetaTrader EA

コメント (15)

USDJPYのデータは、2004年が大幅に抜けています。何度かダウンロードし直したんですが・・・。

投稿者:慶次 |2008年4月 7日 10:09

こんばんは!

バックテストの結果を見る限りでは、十分すごいシステムだと思います。

公開はされないのですか?

すごく、興味があります。

投稿者:jpyuser |2008年4月 7日 19:31

jpyuserさん

こんにちわ。


残念ながら、今のところコードなどの公開は
考えておりませんが、改造した点などを参考にいろいろ試してみてください。
m(..)m

投稿者:慶次 |2008年4月 8日 11:15

お久しぶりです。

少しご無沙汰している間に、これまた面白そうなEAを発見なさったのですねw
記事を読んで参考にさせていただきます。

自分は今、通貨の相関関係を割り出してトレードできないか検証中です。

ですが、ボリンジャーバンドの表示がうまくいかなくて、試行錯誤しています。

がんばりますね。

投稿者:えぎ |2008年4月 8日 12:00

こんにちは。
USDJPYのデータですが、自分のMT4も、最近インストールしたものは2004年は2月中旬から12月までのデータがダウンロードできないようです。MetaQuoteのサーバの不調なんでしょうかね?
だいぶ前にインストールした他のMT4のhistory/downloadフォルダの中を見たらそちらにはちゃんとデータがあったので、それをコピーして使ってますよ。
さすがにMetaQuoteのサーバにある過去のデータって内容は変わってないはずですよね?

投稿者:ぼなんさ |2008年4月 8日 13:04

えぎさん

こんにちわ。
がんばってますね!
これからも、がんばりましょうね!


ぼなんささん

こんにちわ。
やっぱり、そうですか。
MetaQuoteのサーバの方のデータが消えてしまっているのですね。

よろしければ、データ頂きたいです。
お願いします。

投稿者:慶次 |2008年4月 8日 15:11

2004年のデータ、メールに添付して送りますね。

もともと2004年のバックテストが途中で終わってしまうことから気がついて、それを回避するためにこのようなことを行ったのですが、バックテストはちゃんと終了するようになりましたが、先ほどチャートを確認してみたら、2月のデータが一部欠損したままになっているようです。

フォルダにコピーするだけじゃチャートデータにならないようなので、ダウンロードボタンを押してデータを再計算させたのですが、そうするとMetaquoteのサーバの欠けたデータが上書きされてしまうみたいです。

何か良い方法、ないでしょうかね?

投稿者:ぼなんさ |2008年4月 8日 15:33

ぼなんささん

早速のメールありがとうございました!

2月のデータですが、欠けたデータが上書きされたのではなく、もともとのファイルの2月の中間のデータがないようです。

少し前から、サーバーのデータが消え始めているのかもですね。

しかし、おかげで大部分が埋まりました。
ありがとうございます。

投稿者:慶次 |2008年4月 8日 16:42

あらら、すでにデータ欠損がありましたか?それは失礼しました。
お送りしたデータが入っているMT4ではちゃんと2004年の2月のデータは
欠けることなくM1まで表示されるのですが・・・。
HSTファイルのほうにはちゃんとデータがあるってことでしょうかね?

投稿者:ぼなんさ |2008年4月 8日 17:32

ぼなんささん

そうですか。不思議ですね。
自動更新でブローカーのデータが入ったということですかね?
ダウンロードの2004.2のファイルのサイズは他と比べると小さいですよね・・・。

投稿者:慶次 |2008年4月 8日 18:53

確かに2月のファイルは93Kと他よりも小さめですが、10月は89Kともっと小さいですよね。
サーバからダウンロードするとファイルが更新されて36Kになってしまうんですよ。
Metaquoteの方に連絡したほうが良いかもしれませんね。
あと相互リンクの申請しておきました。
よろしくお願いします。

投稿者:ぼなんさ |2008年4月 9日 17:32

ぼなんささん

ありがとうございます。
ダウンロードボタンで更新される感じですね^^;失礼しました。

こちらも、リンク完了しました!

投稿者:慶次 |2008年4月 9日 17:41

稚拙な質問で非常に申し訳ないのですが、買い増し売り増しに必要なピプスとはスプレッドとは違うのでしょうか?
初期値が10になっており、この数字を小さくしてバックテストをしたらすごい結果になってしまいました

投稿者:うましか |2008年4月 9日 23:34

うましかさん

おはようございます。

Spacingは、値がどれだけ動いたら買い増し売り増しするかというピプス数を入力します。
スプレッドは、売値買値の差で、手数料のようなものです。

Spacingは、数値を小さくすると、それだけ取引機会が増えて利益確定機会も増えます。
反面、大きな動きでポジションを取りすぎるということもあります。

Visual modeで取引の様子を見ると分かり易いかもですよ!

投稿者:慶次 |2008年4月10日 07:44

丁寧なご返事、大変ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
慶次さんの作られたSMsimpleのロット数を増やし、Spacingの値を小さくして3回程バックテストをしてみたら、あまりにも伸びが良く、驚いて質問させていただきました。
その後、バックテストを繰り返してみたら当然なのですが、退場がかなり多かったです^^;
慶次さんのようにEAを自分で弄られる様になるのが目標で只今、本とネットで勉強中です。
いつも有用な情報ありがとうございます。
更新を楽しみにしております。

投稿者:うましか |2008年4月11日 21:19

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)






画像の中に見える文字を入力してください。

Captchaの認証で入力ミスがありますと、コメントが消えてしまいますのでご注意ください。
コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。