EA見積もり依頼のサンプル

EA見積もり依頼のサンプル

 EAの見積もり依頼を送信する時のサンプルロジックを掲載しています。
完全自動売買システムを注文する場合には、下記のように売買が完全にルール化されている必要があります。EA作成をご依頼される時には、下記をご参考下さい。

ファイル名や売買ルールとロジック

EAのファイル名

MaStoch_EA

トレードルール

[仕掛け]

平均線が上向きで、ストキャスティクスが25より下でアップクロスが確定した場合に買いエントリー

[手仕舞い]

  • 平均線が下向きになったとき
  • SL、TP、トレイリングストップ何れかの到達

※売りの場合はその逆(ストキャスの数値は75)

平均線上向きの定義

2つ前の足の平均線の値より、1つ前の足の平均線の値の方が高い場合

ストキャスティクスのアップクロスの定義

2つ前の足でストキャスのメインラインがストキャスシグナルより下で、
1つ前の足でストキャスのメインラインがストキャスシグナルより上、
尚且つ、1つ前の足のストキャスメインラインが25以下の場合

変更可能なパラメーターの指定

必要な可変パラメータ

  • マジックナンバー(EA認識番号)
  • ロット数
  • SL幅
  • TP幅
  • トレイリングストップ幅
  • エントリー開始時間
  • エントリー終了時間
  • 平均線の期間
  • 平均線の種類
  • ストキャスティクス%K
  • ストキャスティクス%D
  • ストキャスティクススロー期間

その他、追加する機能

  • エントリーは、エントリー開始時間からエントリー終了時間内のシグナルに限る。
  • エントリー終了時間を跨いでポジションを持っているときは、エグジットの条件が発生するまで保有する。
  • トレイリングストップ機能は、MT4の標準機能と同じ仕様で、ブローカーの制限以上の値であれば、自由に設定できるようにする。(pips入力)

お見積もりご依頼時の注意点

システム製作の見積もり

 既にシステムトレードの売買ルールが決まっていて、作成したい自動売買のストラテジーが完成している場合には下記よりお見積もりをご依頼下さい。

 自動売買のシステムを構築する為には、完全にルール化された売買である事が必要となります。
曖昧な表現をなくして、具体的な言葉や数値を使って記載して頂くようお願い致します。