自動売買ステップ1イメージ

ここでは、FX取引プラットフォームMetaTrader4を使って自動売買をする前に知っておくとよい情報やMetaTrader4のインストール方法について紹介します。

もし「FX取引を自動化したいけどやり方がわからない」「なぜMT4がいいの?」と疑問に思っているなら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。逆に、「もうMetaTrader4はインストールして動いてるみたい!」という方は、次の記事に進んでください。

次の記事【MetaTrader4の自動売買で必要な操作方法】へ

FX自動売買ツールにMetaTrader4を選ぶ理由

にゃんたにゃんた

FX取引をやってるんだけど、毎日チャートを眺めてるのも退屈にゃー。

Dr.EADr.EA

それなら、取引を自動化するとよかろう。

にゃんたにゃんた

取引を自動化??どうやるの?


「取引を自動化」って難しそう…と思われた方もいると思いますが大丈夫!自分に合った自動売買方法がきっと見つかります。
これから、FX自動売買とMetaTrader4の魅力についてお話します。

FX自動売買とは

FX自動売買とは、予め決められたルールに従いコンピュータシステムが自動でFX取引することです。システムが自動でトレードすることから、システムトレード略してシストレと呼ぶこともあります。FX取引の売買判断に人間が関与しない点では、AIによるFX取引も自動売買と言えます。

投資信託、ヘッジファンド、MAM、PAMMは、ここではFX自動売買としません。

※MAM、PAMMとは
MAM(マム)、PAMM(パム)とは、証券会社(海外FX業者)を通して行われるプロのトレーダーによる個人投資家へのコピートレードです。

FX自動売買をする際の選択肢

FX自動売買をするには、次のいくつかの方法があります。

  • 証券会社が用意した自動売買システムを利用する方法
  • コピーツールを利用したコピートレード
  • 取引システムを自作する方法

証券会社が用意した自動売買システムには、マネースクウェアのトラリピ(トラップリピートイフダン)やインヴァスト証券の「シストレ24」などがあります。

コピートレードで自動取引する方法には、GEMFOREXのFXミラートレードやミラートレーダー取扱FX業者でのミラートレード、取引システム開発者独自のコピーツールによる市販の自動売買システムなどいろいろなスタイルがあります。

取引システムを自作して自動売買する方法として、MetaTrader4(MT4)、MetaTrader5(MT5)、TradeStationなどのシステム開発機能を使ってシステムを作る方法があります。その中で一番おすすめなのが、MetaTrader4です。

MetaTrader4おすすめポイント

取引システムを自作して自動売買するのにMetaTrader4をおすすめする理由は・・・

  1. 人気が高く関連情報が豊富
  2. 国内でもMT4取扱FX業者が複数ある
  3. 無料で手に入るツールが多い

人気が高く関連情報が豊富

今(2019年現在)自作のトレードシステムを開発するためにウェブページや書籍で情報を収集しようとした場合、その多くがMetaTrader4のEA(Expert Advisor ※自動売買システム)についての情報です。また、市販のFX自動売買ツールの多くがMetaTrader4のEAです。

もし自分が考えたトレードルールを自動化するのにMetaTrader4を使えば、この豊富な情報が助けになります。

国内でもMT4取扱FX業者が複数ある

楽天証券やオアンダジャパンなどの国内のMT4取り扱いFX業者が複数あり、さらにXMTradingなどの日本語対応MT4取り扱い海外FX業者もいくつかあり、MetaTrader4に関する質問に対して日本語でサポートが受けられる環境が整っています。

無料で手に入るツールが多い

MetaTrader4の自動売買システムやインジケーターは、世界中の開発者によって開発され、無料公開されているものが多くあります。それらを使って自動売買やチャート分析が可能で、ソースコードがあれば自動売買システムやインジケーターの作り方を学習するのにも利用できます。

にゃんたにゃんた

自分の取引手法を自動化するにはMetaTrader4がオススメにゃ?

Dr.EADr.EA

その通り。次にMetaTrader4をインストールして作動させる手順を説明するぞい。

MetaTrader4(MT4)を作動させるには

MetaTrader4は、MT4取扱FX業者のデモ口座を開設してMT4インストーラーをダウンロードすることで手軽に始めることができます。

MT4取扱FX業者のデモ口座を開設する

ここでは、海外FX業者のXMTrading(https://www.xmtrading.com/jp/mt4)でデモ口座開設の手順を例にして解説します。

まず、FX業者のホームページ内でデモ口座開設のボタンやリンクを見つけてクリックします。
デモ口座開設登録ページに移ったら、個人情報を入力します。メールアドレスはそのFX業者からのニュースレターを受け取っても良いアドレスを入力しましょう。

取引口座詳細の設定は次の画像を参考に設定します。取引プラットフォームタイプは必ずMT4を選択してください。

XMTradingデモ口座開設画面

次に、口座パスワードを決めて入力します。ここで入力したパスワードはMT4でログインする際に必要になりますので、メモに残しておくと良いです。
最後に、ニュースレターの受け取りに同意のチェックをして、デモ口座開設ボタンをクリックします。

しばらくすると、登録したメールアドレス宛に「XMTradingへようこそ」というメールが届きますので、そのメールの本文で「登録プロセスを完了するにはこちらをクリックしてください。」のリンク部分をクリックします。

登録のプロセスが完了すると、メールでMT4デモ口座のID番号とサーバー情報が送られてきます。

MT4をPCでダウンロードしてインストールする

XMTradingの場合、https://www.xmtrading.com/jp/mt4にアクセスするとMT4ダウンロードボタンがありますので、そこからMT4のインストーラー「〇〇setup.exe」ファイルをダウンロードします。
MT4のインストーラーを実行して、インストーラーの案内に従いインストールします。
※仕様がよく変わるので詳細は省略します^^;

MT4でデモ口座にログインする

インストールが完了して完了ボタンをクリックすると、MetaTrader4が自動で起動します。起動しない場合は、デスクトップにできたMT4のショートカットで起動させてください。

MT4画面上部のメニューの「ファイル」→「取引口座にログイン」をクリックすると、ログイン画面が表示されます。デモ口座開設時に取得したログインIDとパスワードを入力しサーバーを選択して、ログインボタンをクリックします。
MT4画面右下の接続状況に数字が表示されればログイン成功です。
(ちなみに、日本時間土曜日の早朝から月曜日の早朝までFX市場休場のためチャートなどは動きません。)

これでMetaTrader4の機能を活用する準備が整いました。

あとがき

いかがでしたか?MetaTrader4は正常に作動しましたか?
MT4の知識を蓄えておけば今後も役に立つと思いますので、慣れるまで頑張りましょうね!